• ホーム
  • ED若年化の背景は現代社会との深い関係にあった!

ED若年化の背景は現代社会との深い関係にあった!

2019年10月08日
両手でカプセルを持っている男性

EDは主に中高年が悩みに感じる症状でしたが、現在では若者でも男性機能が上手く働かずに悩みになっている方も増えているようです。
そして若者がEDになってしまう原因は現代社会と関係があります。
原因になり得る要因として仕事からくるストレスや疲労が挙げられます。
昨今ではよく耳にするようになったブラック企業というワードですが、こういった企業に勤めている場合は過酷な労働環境の中に置かれてしまうことがあるのです。
ですからストレスも感じ易くなりますし、さらに重なる過労によって男性機能も働き難くなってしまいます。
男性機能が衰えることによってパートナーとの性行為の際にも支障がありますが、その際に失敗してしまうこともEDを酷くする原因です。
性行為の際に勃起不全が起こったり、中折れが発生することによってパートナーとの熱も冷めてしまいますし、それが失敗の経験として脳裏に刻まれてしまいEDが酷くなるようなこともあります。
その他にも原因になるのがうつ病や総合失調症といった精神的な病気です。
そしてうつ病などが発生する原因も過酷な労働が原因だったりしますし、それによってEDになる若者も少なくありません。
基本的には肉体的な疲労や精神的な疲労によってEDになってしまう若者が多いのですが、改善する為には環境を改めていくことが大事であり、時には治療薬を利用するなどして対策を行った方が良いこともあります。
中高年の場合は肉体的な衰えが原因になっていることがありますので年齢的なこともあり改善が難しいこともありますが、体力のある若者なら改善させることは十分に可能です。
ただ適切な対策をしないと改善が難しい為、EDの根本原因から整えるといった工夫が必要と言えます。